ブルーベリーの種類

今ではどこに行ってもブルーベリーを目にするようになり、ブルーベリーは私達の生活の中では非常にポピュラーな食べ物として知られるようになっています。しかしブルーベリーには様々な種類があって、ブルーベリーにはどれくらいの種類があるか認識している人はほとんどいないと思います。リンゴやぶどうやイチゴなど、他の果物にもいろいろな種類がありますが、ブルーベリーは特に栽培している地域も世界中にあって、それぞれの地域では形や実の大きさも異なっていて、その上品種改良も盛んに行われていて、細かく種類分けすると、何とブルーベリーは300種類以上もあると言われています。
その中でもブルーベリーは大きく分けて3つに分類されます。その1つはハイブッシュブルーベリーと呼ばれるもので、これはアメリカ北東部原産のブルーベリーで、日本では北海道や東北や関東や北陸で栽培されているものとなります。特徴としては果実の直径が大き目で、1センチから1.7センチほどで、木の高さが1メートルから2メートルくらいで、寒冷地で栽培するのが向いている種類となります。
2つ目はラビットブルーベリーと呼ばれる種類で、これはアメリカ南東部原産のもので、温かい地方での栽培が向いているため、日本では関東から南部で栽培されているのが目立ちます。実の大きさはハイブッシュブルーベリーよりも小さ目となり、熟す前に赤ピンク色をしていることから、その名前が付けられています。
最後はローブッシュブルーベリーと呼ばれるもので、こちらは原産がアメリカ北部や北欧などの非常に寒い地域で栽培されていて、日本ではほとんど栽培されていないため、日本人にはあまり馴染みがなく、実が小さくそのまま食べることはほとんどない種類で、多くはジャムやサプリメントの原料として使用されています。

注目の記事

ブルーベリーに含まれる成分

記事を読む

ブルーベリーの種類

記事を読む

おすすめのブルーベリーサプリメント

記事を読む